いきなりなタイトルですがこれにはきちんとした理由があります。

当社社員が休暇に城を巡るスタンプラリーに参加した話です。

きっかけは松本に出張した時でした。

とある日曜日に松本で取付の仕事があった際、取り付け終わりで松本城の前を通過しました。

「そうだ、松本城に行こう!」なんて寄り道することにしました。

日本古来の木造建築と手仕事の加工を勉強するためであって、遊びで行くわけでは断じてありません!

IMG_20150913_164903

流石は国宝だけあって内部の保存状態もすごく良くて

「これは手斧(ちょうな)で加工かね?」とか「この梁こんなに太い!」

など、やっぱりちょっと木工に携わる目線で見てしまうんですよね。

 

閉城時間ギリギリでしたがかなり混んでいましたが係員の方曰く

「昼間は立ち止まって見られないくらい混んでるから、今が一番ゆっくり見られるとおもいますよ」

とのことでした。

『閉城寸前の時間に行くと逆にゆっくり見られる』

というのはこのブログを見た人だけに教える豆知識です。

 

出るときにやっぱり観光地ならではのスタンプがあるんですよね。

僕なんか「スタンプ押してもね…」

なんて思っていると、

なにやら隣で後輩君が目を輝かせて見ていました。

お目当ては「日本どまんなか、お城スタンプラリー」のスタンプカードのようです。

彼いわく「よくこれ見つけて素通りできますね!」だそうです。

 

忘れていましたが彼は「スタンプラリー好き」なんです。

 

ちなみに「日本どまんなか、お城スタンプラリー」は

中部地方(主に静岡、愛知、岐阜)のお城を5箇所回るとゴール出来て

景品がもらえるというものでした。

 

まさか、彼が泊まりがけで中部地方城巡りの旅に本気で出かけるとは

この時は思いもよりませんでした。

 

 

すいませんが次の記事に続きます。